SSブログ

韓国映画「トンネル 闇に鎖された男」

韓国映画「痛み」「殺人者の記憶法」「トンネル 闇に鎖された男」「親切なくクムジュさん」「レイトオータム」
日本映画「祈りの幕が下りる時」「八日目の蝉」「告白」「疑惑」「三度目の殺人」「美しい隣人」
外国映画「拘禁」「潜入者」「スノーデン」
などを見た
韓国映画「トンネル 闇に鎖された男」が比較的良かった
一つの観点から言えば、病気になるということはどういうことかの比喩になっている
自分ではどうしようもない、待つしかない、耐えるしかない、そうなった時どうするか


共通テーマ:日記・雑感

自分が過去に語ったことについて浅薄を恥じる それも人間的だ

自分が過去に語ったことについて浅薄を恥じる

それも人間的だ


共通テーマ:日記・雑感

経済成長、起業家、

“ジャンクフードみたいな感動を摂り続けると体を悪くして起業家になってしまう。”


よく言われることとして

高度経済成長の時期には

みんなが同じ歯車になって同じことを続けていればよかった

これからはそれでは経済成長できない

だから必要なのは人と違うことを考える人

その人たちの新しい考えで「追いつく経済成長」ではない、「新規開拓型の経済成長」を実現しよう


しかし、新しい考えでうまくいって、起業して成功する人は、割合としてはとても少なくて、

たいてい破産する

失敗する人が多すぎて大変


多くの人の失敗を前提としてまで経済成長する必要があるのか

また、成功しそうな才能も、成功しそうな企業も、アメリカが根こそぎ持っていくのだから、

無駄というもので、

大リーグと日本野球のような構造


そこでまたよく言われるのが

ほどほどに豊かで、決定的な貧しさはなく、世界一でなくてもいいし、世界最先端でなくてもいいから、

落ち着いた暮らしを営めればいいではないかとの話


さらに最近の反論として、少子高齢化で年金財政悪化(放漫財政などの要因は隠匿)、結果として、

経済成長して、そこから年金の原資を得るしかないという


また、モデルとして、江戸時代の日本の定常状態を挙げる人もいる

しかしそれは鎖国していて情報遮断されていたからできることのような気がする


しかしながら経済成長しなくてもみんなが幸せに暮らしていけるとの構想は不可能ではないような気がするのだがどうなのだろう


どんどん新しくどんどん便利になるというビジョンはどうなのだろう

資本主義は数パーセント程度のインフレを前提として健全に機能するのであって

成長とインフレがないとうまくいかないのだともいわれる

銀行が利息を取って金を貸し、それを資本にして人々が新しい生産活動をするというのが基本ビジョンだろう

社会全体が高齢化しているせいなのか

もう新しいことも便利なこともいらないのではないかとの気分もある

親の世代と同じような定常状態でいいのではないかと考える

そのような場合は、親や祖父母の人生体験が指針になるだろう


新技術がもたらす新しい生活、産業革命、それをいつまでも繰り返さないといけない

うまくいかなかったら戦争でもして一息つく


幸い、新技術の芽はいつでもあるのでそんなに悲観的になることもないし

経済成長なんていらないと最初から言ってしまう必要もない

しかしまて、東京に資本が集中し、巨大ビルに企業も住宅も入居し、

欲望渦巻き、かんぽ生命の司令部からは無理な指令が出て、末端では非人間的なことをしてしまう

それが業績、みんな少しずつ良心に痛いこともいているんだから、我々も少しくらいはいいだろう、いまだけだ、仕方ない、生き残るためだ、目をつむってもらおう、と言うわけで、高齢者をだます感じで、契約を積み上げる


散歩をやめてくるまでドライブするようにすれば経済成長しますね

地球温暖化もしますけど

自炊をやめてお金で買うようにすれば経済成長

洗濯も介護もお金を出して外注すれば経済成長

会って話をすればただけど電話で話をすれば経済成長

ジャンクフードみたいなテレビや映画も経済成長なんですかね

資産家にとっては資産インフレが年に数パーセント程度起こらないと困るんでしょう


降れば大雨だし

台風は超大型だし

何十年に一度の気象現象が毎年のように起こっているなんて


トヨタとスズキなど、自動車会社は次々と提携、一社では開発が追い付かないという

先日横浜の公共運送自動運転交通システムがダウンした

あんな簡単なレベルでもたまにダウンしているのに

無数の自動車のコントロールなんて難しそう




共通テーマ:日記・雑感

“ウイルスと戦い、駆逐するのはあくまで人間の免疫力です。 よって、「風邪が悪化する前に薬飲まなきゃ」「早く風邪治さなきゃいけないから薬飲まなきゃ」「風邪薬飲んだから大丈夫、働かなきゃ」 という発想はそもそも間違っています。 風邪薬のんだからといって良くはなりません。 症状をやや和らげてごまかすだけです。 結局の所、ウイルスをやっつけるのは自分自身の体の力なので、風邪薬を飲んでも飲まなくても、通常の体力があれば勝手に風邪は治ります。”

“ウイルスと戦い、駆逐するのはあくまで人間の免疫力です。

よって、「風邪が悪化する前に薬飲まなきゃ」「早く風邪治さなきゃいけないから薬飲まなきゃ」「風邪薬飲んだから大丈夫、働かなきゃ」

という発想はそもそも間違っています。

風邪薬のんだからといって良くはなりません。

症状をやや和らげてごまかすだけです。

結局の所、ウイルスをやっつけるのは自分自身の体の力なので、風邪薬を飲んでも飲まなくても、通常の体力があれば勝手に風邪は治ります。”


共通テーマ:日記・雑感

バリー・シュワルツ「知恵の喪失」

http://www.ted.com/talks/barry_schwartz_on_our_loss_of_wisdom.html

規則やマニュアルにどこまで従うか
どの場合に例外とするか

自信がない場合ほど規則にしがみつくだろう
しかしまた、いい加減なほど自分に甘く言い訳をするだろう

場合によってはどの味が美味しいか、どの洋服が素敵かを
自分で判定できないので
ブランドに頼ることになる

どこまでが仲間内の趣味なのか
仲間はどのあたりまでなのかの判断も求められる
じつにややこしい世の中なのである



共通テーマ:日記・雑感

ナイチンゲール誓詞の現代版

「"実用的看護者誓詞" - ナイチンゲール誓詞の現代版」(日本語は直訳したものを追記した)
神とここに集う人々の前に、厳かに誓う、
Before God and those assembled here, I solemnly pledge;
看護専門職の倫理規範を遵奉し、
To adhere to the code of ethics of the nursing profession;
忠誠心を持って看護チームの他のメンバーと共に協力し、監督者として指定された医師または看護者の指示に忠実に、そして己の能力に従って最善を尽くし、
To co-operate faithfully with the other members of the nursing team and to carryout [sic] faithfully and to the best of my ability the instructions of the physician or the nurse who may be assigned to supervise my work;
一切の悪行や悪意ある行為をせず、意図しながら害のあるいかなる薬を与えることや不正行為には加担しないと。
I will not do anything evil or malicious and I will not knowingly give any harmful drug or assist in malpractice.
職業上の知りえた秘密についてはこれを秘匿する。
I will not reveal any confidential information that may come to my knowledge in the course of my work.
そして全力を尽くし看護実践の標準と品位を高めることを、自分に誓う。
And I pledge myself to do all in my power to raise the standards and prestige of the practical nursing;
我が人生が看護専門職の仕事とその高邁な理想に捧げられんことを。
May my life be devoted to service and to the high ideals of the nursing profession.
— "Practical Nurse Pledge", a modern version based on the "Nightingale Pledge"


共通テーマ:日記・雑感

“1:何をするべきか、目標を明確にする 明確な目標を持つことはいつ何時も大切なことですが、疲れている時はより一層気をつけなくてはなりません。はっきりと目標を定めないままに取りかかると、関係のないことにいろいろと手をつけてしまい、結局仕事がはかどらなくなってしまいます。まずは席に着いて、今日すべきことを考えましょう。 2:現実逃避をやめる いまいち仕事に集中できない時、ついついメールをチェックしたりSNSにログインしたりして気を紛らわそうとしてしまいがちです。しかし、そうこうしている内に肝心の仕事に全く集

“1:何をするべきか、目標を明確にする
明確な目標を持つことはいつ何時も大切なことですが、疲れている時はより一層気をつけなくてはなりません。はっきりと目標を定めないままに取りかかると、関係のないことにいろいろと手をつけてしまい、結局仕事がはかどらなくなってしまいます。まずは席に着いて、今日すべきことを考えましょう。

2:現実逃避をやめる
いまいち仕事に集中できない時、ついついメールをチェックしたりSNSにログインしたりして気を紛らわそうとしてしまいがちです。しかし、そうこうしている内に肝心の仕事に全く集中できなくなってしまいます。やらなくてはいけないことから目を背けないよう努力しましょう。

3:たっぷり水を飲む
十分に水分を取った状態でないと集中力は発揮できません。疲れているときは定期的に水を飲んだほうがいいようです。また、カフェインは摂取することで一時的に元気を出すことができる、いわばブースターの役割を果たすので、コーヒーを飲むなどするのもおすすめです。ただし、砂糖たっぷりの炭酸飲料は逆効果とのことなので要注意。

4:あちこちを動き回る
眠たい時に暖かく快適な場所で座っていたら、確実にうとうとしてしまいます。午後に眠たくなったらじっとしていないで、可能であれば散歩をする、それが無理ならストレッチなどを行って体を動かし、体温を少し上げるようにしましょう。

5:シャワーを浴びる
気分が落ち込んでいるときは、シャワーを浴びましょう。ベッドから何とかはい出してたけれどもだるさが取れない時は、シャワーを浴びることですっきりできます。午後にシャワーを浴びるのも、疲れを取るのには効果的とのこと。「日中オフィスにいるからシャワーは無理」という人も、代わりに冷たい水で顔を洗うことでリフレッシュできるようです。

6:より簡単なタスクに取り組む
「疲れているけど、とにかく仕事をしなくてはならない」という時は、まずルーチンワークから片づけるようにしましょう。メールの返信や書類の整理など簡単な仕事をしている内に、自然とやる気が出てくるはずです。”

- くたびれている日もシャキっと働くための6つの方法 -


共通テーマ:日記・雑感

事務職員募集です。よろしくお願いいたします。お電話ください。

事務職員募集です。よろしくお願いいたします。お電話ください。


共通テーマ:日記・雑感

Mind-Bending “Quantum Darwinism” Theory Passes Experimental Tests Kristin HouserJuly 24th 2019 物理的な世界については、大きさが本当に重要であることを科学研究は示している。 砂の粒子から銀河までの「大きな」物体は、ある規則の集まり―古典物理―に従う一方で、原子や粒子などの小さな物体は、1900年頃に量子物理を生み出したまったく異なる規則の集まりに従う。 科学者たちは何十年にもわたり、これら2つの異なる物理を

Mind-Bending “Quantum Darwinism” Theory Passes Experimental Tests
Kristin HouserJuly 24th 2019
物理的な世界については、大きさが本当に重要であることを科学研究は示している。
砂の粒子から銀河までの「大きな」物体は、ある規則の集まり―古典物理―に従う一方で、原子や粒子などの小さな物体は、1900年頃に量子物理を生み出したまったく異なる規則の集まりに従う。
科学者たちは何十年にもわたり、これら2つの異なる物理を調和させる方法を模索してきた。そして今、2003年にポーランドの理論物理学者Wojciech Zurekによって最初に提唱された理論が、彼岸への潜在的な源として牽引力を得始めている。それが、量子ダーウィニズムである。
量子世界のより奇妙な側面の1つは重ね合わせ、すなわち一度に1つより多くの状態で存在するという量子系の能力である。系は、観測するやいなや、一瞬にして量子的世界から古典的世界へと移行するように見える。
その過程はデコヒーレンスと呼ばれ、量子ダーウィニズムはそれを説明する試みである。
量子ダーウィニズムは、量子系を特定の状態に強いるものは我々の観測ではなく、デコヒーレンスを引き起こすのは系と環境との相互作用であるのだと提案する。この理論の支持者たちは、なぜマクロな物体が量子状態にあることを観測されないのかを説明するだろうという。すなわち、マクロな物体は常に環境要因にさらされているからだ。
環境がこの効果をどのように持つのかというと、Zurekの理論によれば、量子系は「ポインター状態」を持っているということになる。これらは粒子の位置や速度のような特定の測定可能な特性である。
粒子がその環境と相互作用すると、それらの特性のすべての重ね合わせ―代替の位置や速度―がデコヒーレントしてポインターの状態だけが残り、それが自分自身のレプリカを環境に「刻み込む」ために、多くの人によって観測できるようになる。
ここで、ダーウィニズムの概念が役割を演じる:「最も適応した」状態―その特定の環境に最も適した状態―だけが、デコヒーレンスのプロセスを生き延びる。
「量子ダーウィニズムの主な考えは、我々が何かを直接測定することはまずないということです」。とZurekは2008年にThe Foundational Questions Instituteに語っている。
「[環境]は大きな広告看板のようなもので、そこには我々の宇宙に関する情報のコピーがあちこちに漂っているのです」。
新たなQuanta Magazineの記事によると、3つの異なるグループの研究者が、量子系がその環境に自身のレプリカを刻み込む兆候を探ることによって、量子ダーウィニズムを検証するための実験を行った。今のところ理論は検証をパスしているようだ。
「これらすべての研究は、少なくとも近似的に予想通りのことを見ています」とZurekはQuantaに語った。このことは、我々が大きな物理と非常に小さな物理を調和させる道を進んでいるのかもしれないことを意味している。


共通テーマ:日記・雑感

水面に浮かべて子どもが乗って遊ぶ浮き具「フロート」。海水浴で家族連れなどに人気ですが、風で沖に流され戻れなくなる事故も起きています。消費者庁は、風が強い日は使用を控えるよう呼びかけています。

 水面に浮かべて子どもが乗って遊ぶ浮き具「フロート」。海水浴で家族連れなどに人気ですが、風で沖に流され戻れなくなる事故も起きています。消費者庁は、風が強い日は使用を控えるよう呼びかけています。
 海上保安庁によると、昨年、海で遊泳中におぼれたり自力で海岸に戻れなくなったりした14歳以下の子どもは70人。そのうち少なくとも7人がフロートで遊んでいた。福井県の海水浴場では、4歳の女児が流され、フロートの上に立ち上がったところバランスを崩して海に転落。
 国民生活センターなどは今年5~6月、幼児の人形(身長約100センチ、体重約15キロ)を乗せたフロートが流される速度などをテストした。
 プールでサーフボード型、イルカのような形、スワン型の3種類を比較したところ、背が高く風の影響を受けやすいスワン型が最も速く、サーフボード型、イルカ型の2倍以上の速さで流された。
 海水浴場での実験では、風速2~4メートルのあまり強くない風でも、スワン型は2分弱で海岸から5メートルの地点から50メートルの地点まで流された。途中で大人が海岸から救助に向かったが、水深が深くなるとなかなか前に進めず、追いつけなかった。
 消費者庁によると、子どもの体格に対してフロートが大きすぎると、乗った時に水面に足がつかず、自力で海岸に戻ることが難しいという。担当者は「フロートの対象年齢を確認し、保護者はフロートに乗った子どもから手を離さないでほしい」と話す。フロートから落ちた子どもがおぼれる事故を防ぐため、ライフジャケットを着せることも求めている。


共通テーマ:日記・雑感

“大人になるということは、自分で家計を管理し、夜遊びを計画し、洗濯し、料理し、友人を作り関係を維持し、支払いを済ませ、しかも職を失わない、ということを毎日ずっと続けなければいけない、ということ。それは誰にとっても楽なことではない”

“大人になるということは、自分で家計を管理し、夜遊びを計画し、洗濯し、料理し、友人を作り関係を維持し、支払いを済ませ、しかも職を失わない、ということを毎日ずっと続けなければいけない、ということ。それは誰にとっても楽なことではない”


共通テーマ:日記・雑感

“「マンションは規格化が進み、もはや『法律と経済でできている』といっても過言ではない。都心の2億円の物件も郊外の2000万円台の物件も、建物自体にそれほどの差はない」。実際のところ、価格差のかなりの部分を占めるのは土地代だ。マンションポエムは、「家」を「邸宅」に、「森」を「杜」に、「住む」を「住まう」にドレスアップする。高級感で建築を包み込むことで「値段が高いのは土地が高いから」という身も蓋もない理由を曖昧にし、「そこに住めばハイグレードな生活が待っている」という夢を買い手に抱かせる作用を持っている。”

“「マンションは規格化が進み、もはや『法律と経済でできている』といっても過言ではない。都心の2億円の物件も郊外の2000万円台の物件も、建物自体にそれほどの差はない」。実際のところ、価格差のかなりの部分を占めるのは土地代だ。マンションポエムは、「家」を「邸宅」に、「森」を「杜」に、「住む」を「住まう」にドレスアップする。高級感で建築を包み込むことで「値段が高いのは土地が高いから」という身も蓋もない理由を曖昧にし、「そこに住めばハイグレードな生活が待っている」という夢を買い手に抱かせる作用を持っている。”


共通テーマ:日記・雑感

“『勉強の効率は大人になってからの方が圧倒的に良い』 らしい。 大人になるまでに蓄えた知識が学習の手助けになるからだそうだ。 『始めるのに遅いなんてことはない』 というのは真実と言えるかもしれない。”

“『勉強の効率は大人になってからの方が圧倒的に良い』 らしい。 大人になるまでに蓄えた知識が学習の手助けになるからだそうだ。 『始めるのに遅いなんてことはない』 というのは真実と言えるかもしれない。”


共通テーマ:日記・雑感

二分間憎悪 ジョージ・オーウェル

二分間憎悪
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
二分間憎悪(にふんかんぞうお、Two Minutes Hate)とは、ジョージ・オーウェルのディストピア小説『1984年』に登場する架空の行事。作中の専制国家オセアニアの党員たちは毎日仕事を中断してホールに集まり、大きなテレスクリーンの前で、党と人民の敵(特にエマニュエル・ゴールドスタインとその一味ら)が登場する映像を見せられ、画面上の敵の姿や敵の思想に対してありったけの憎悪を見せなければならない。この「日課」が二分間憎悪である。
二分間憎悪でテレスクリーンに流される映像や音響は党員たちの心に反射的な恐怖と憤怒を沸き起こらせる。「油の切れた巨大な機械がきしむような身の毛もよだつ摩擦音」[1]が爆発的に轟くのと同時に映像が始まり、党の裏切り者で人民最大の敵エマニュエル・ゴールドスタインの姿が現れ、党員たちは非難の唸り声をあげ、やがて30秒もたたないうちに怒号をあげるようになる。映像の中のゴールドスタインは誇張されたような調子で党の独裁や「ビッグ・ブラザー」への非難、集会や言論の自由の称賛、戦争の無条件講和などをまくしたてる。その後ろではオセアニアと交戦中の超大国(ユーラシアであることもあれば、イースタシアであることもある)の兵士たちが行進を続ける映像が流れており、売国奴ゴールドスタインの背後に敵国があることを強調する。
これらを見せられて熱狂的に憎悪をつのらせた党員が飛び上がったりテレスクリーンに物を投げつけるのも珍しいことではない。普段はおとなしい主人公ウィンストンも含め全員が、番組や周囲の空気に完全に同化し、恍惚感や破壊欲に貫かれ、絶叫しながらゴールドスタインに憎悪の矛先を向けるようになる。番組の最後のほうではゴールドスタインの声が羊の鳴き声になり、その顔が羊に変わり、さらに軽機関銃を掃射して突進する兵士へと変わる。ところがその瞬間、兵士の顔は黒い髪と黒い口髭の「ビッグ・ブラザー」の落ち着きに満ちた顔へと変わり、直前まで恐怖していた人々は一斉に安堵のため息を漏らす。「ビッグ・ブラザー」の顔が消え、「戦争は平和である 自由は屈従である 無知は力である」のスローガンが現れても党員たちの感動は収まらず、陶酔したように「ビッグ・ブラザー」(Big Brother)の略である「B-B! B-B!」の低い合唱を続ける。
党外局員ウィンストンはここで起きる憤怒を抽象的で方向を持たない激情だと述べ、憎悪を「ビッグ・ブラザー」や党や思想警察のほうへ向けてみたり、青年反セックス連盟の印である深紅の腰帯を巻いた女性党員に向けてみたりする。しかし彼はうすら寒さや恐怖を感じつつも、周囲に同化して怒声を張り上げずにはいられない。ウィンストンは二分間憎悪のさなか、物語の重要な登場人物である党内局員(エリート)のオブライエンと視線が合い、その瞬間にオブライエンも同じような疑問を持っている同志かもしれないという印象を持つようになる。


共通テーマ:日記・雑感

“私は布団に入った時には必ず「もっと早く来ればよかった」と思います。布団に入ったことを後悔したことなどただの一度もありません。だからあなたも今すぐ布団に入ってください。人生は有限です。布団に祝福される時間を一分一秒でも長くして、質の良い人生と睡眠を獲得しましょう。おやすみなさい。”

“私は布団に入った時には必ず「もっと早く来ればよかった」と思います。布団に入ったことを後悔したことなどただの一度もありません。だからあなたも今すぐ布団に入ってください。人生は有限です。布団に祝福される時間を一分一秒でも長くして、質の良い人生と睡眠を獲得しましょう。おやすみなさい。”


共通テーマ:日記・雑感

甲子園

"

日本の野球と大リーグとかアメリカの野球は違うと言われているが

日本でも普通の野球と甲子園大会はまた別のもので

要求されているものも違うような気がする


真夏の甲子園で過密日程をこなす、勝ち進むにつれて、投手の疲労が問題になるが、

そこを何とかしないといけない

そこをケガしないように何とかしろというのがルールである

継投で行くか、一人で投げる強い投手を育成するか

スポーツが限界に挑むものである以上、けがもある程度仕方ないと考える人もあるが、それはかなり野蛮

旧軍隊式で、体力の限界を精神力で突破する、というような雰囲気は濃厚にある

監督と選手の関係も独特なものがある、全面的服従


連投が問題であれば、連投に耐えられるような体力や、けがをしないような投球フォーム、配球など

工夫の余地はあるのだろう

コントロールがよければ、90球程度で、9回を投げ切ることができる

それも含めての甲子園のルールなのだと思う

相手との戦いではあるけれども、ケガと消耗との戦い。

それは現代ではどのスポーツでもそうなっていると思う


疲労や投球フォームの問題で肩やひじを壊すのはもちろん良くないが

それは甲子園ルールをよく克服できていないからではないかとも思う


陸上の短距離選手が、二時間も走ったら壊れてしまうと言っているようなもので

長距離には長距離の走り方も鍛え方も、けがをしない方法もあるのだろう


そのような不分明な甲子園ルールは普通の野球ではない、だから甲子園でも普通の野球をやれというのもひとつのよい立場だし、

甲子園は普通の野球ではないと考えるのも、ひとつの立場だと思う

こちらは旧来の体育会のさまざまな弊害がたっぷり付きまとうのだが


トレーニング方法が進歩、金属バット、マシンで打ち込む、体格の向上、などで打者優位の状況はあるので、投手は大変だと思う

2年生や1年生がよく活躍しているのも目立つ


甲子園ルールという特殊さを克服するにはその特殊性をよく理解している指導者が大切だろう、

そしてスポーツ特待生などで大阪や沖縄の選手が北海道から甲子園にでている現状なども考えると、

ますます強豪校の優位は強まり、普通の高校が甲子園に出ることも、勝ち進むことも、難しそうだ


応援団とか父兄会とか寄付金とか遠征費用とか

強豪校は練習試合も大変だと記事にある


特待生枠で、生まれた地域とは別の場所で高校時代を過ごす選手たちは、

マスコミが言う、学校の伝統などとは関係なく野球をしているのだろう

マスコミは学校ごとにアイデンティティを持っているような語り方をするのであるが

どうだろう、そのように言うのが便利だから言っているだけで、実情は違うだろうと思う


スターになってプロ野球に進んで大金をもらい、テレビ局関係の女性と交際・結婚し、そのように歩む人もいる


単純に言って、あんなに暑いところで、スポーツをするのはお勧めではないことは確かだろうという、かなり根本的な部分もある

お盆には実家に帰って高校野球、故郷の話題にもなる、移動中も、放送を聞いていれば退屈しない

原爆の日や8月15日のサイレンで黙とうする


高校生の教育としてのスポーツという建前であるが、それは建前に過ぎないことはみんなよく理解していて、しかし、表面的には二重の基準で、公式見解を述べる


各地のドーム球場を使って日曜日ごとに試合をするというのも楽しいと思う


そもそも投手の動作が、肩とひじに悪いことが根本的に良くない

投手を廃止して、ピッチングマシンに置き換え、速度、スピン数、球種とコースを一球ごとに自由に設定する、その設定者を投手と呼ぶようにする、守備はする、バッティングと守備で競うのも合理的である


プロ野球人気も低迷気味、少年野球人口も低迷、それに伴い指導者も劣化、父母会も劣化


100球ルールは分かりやすいが、意図的なファウル打ちで粘られたりすると、すぐに交代となる


"


共通テーマ:日記・雑感

" ただ生き延びることだけが目的で生きている そして、もうそれで目いっぱいだと感じている "

"

ただ生き延びることだけが目的で生きている


そして、もうそれで目いっぱいだと感じている

"


共通テーマ:日記・雑感

“「否定的な言葉が口ぐせになっていたら、 肯定的な口ぐせに変えていきましょう」という話をしました。 これは決して、「悲しいとか辛いとか、そんな言葉を使わない方がいい」 という意味ではないというのがわかっていただけたと思います。 自分自身を整理するために、自分の感情と向き合い、今感じている感情 を言葉にしていく。 悲しいときは「悲しい」と。辛いときは「辛い」と。 これは、とても正直で、自分に対して誠実で、そして前向きなことだと思 います。 一方、今感じている感情とは関係なく、「悲しい」「辛い」が口ぐせにな

“「否定的な言葉が口ぐせになっていたら、 肯定的な口ぐせに変えていきましょう」という話をしました。 これは決して、「悲しいとか辛いとか、そんな言葉を使わない方がいい」 という意味ではないというのがわかっていただけたと思います。 自分自身を整理するために、自分の感情と向き合い、今感じている感情 を言葉にしていく。 悲しいときは「悲しい」と。辛いときは「辛い」と。 これは、とても正直で、自分に対して誠実で、そして前向きなことだと思 います。 一方、今感じている感情とは関係なく、「悲しい」「辛い」が口ぐせにな っているとしたら、あらためて今感じている感情に焦点を向け直し、感じ られるままを言葉にしていくことから始めてみることをおすすめします。”


共通テーマ:日記・雑感

“暇で放心している事に耐えられない人は、何を考えているのだろうか? 誰にも邪魔されないで、一人で変な事をしているのが一番いいのだ。 浮き世に洗脳されると心は下界の汚れでベタベタになり、すぐ迷う。他人と関われば、会話は機嫌を伺うようになり、自分の意志も折れ曲がる。人と戯れ合えば、物の奪い合いを始め、恨み、糠喜びするだけだ。すると、常に情緒不安定になり、被害妄想が膨らみ、損得勘定だけしか出来なくなる。正に迷っている上に酔っぱらっているようなものである。泥酔して堕落し路上で夢を見ているようでもある。忙しそうに走

“暇で放心している事に耐えられない人は、何を考えているのだろうか? 誰にも邪魔されないで、一人で変な事をしているのが一番いいのだ。
浮き世に洗脳されると心は下界の汚れでベタベタになり、すぐ迷う。他人と関われば、会話は機嫌を伺うようになり、自分の意志も折れ曲がる。人と戯れ合えば、物の奪い合いを始め、恨み、糠喜びするだけだ。すると、常に情緒不安定になり、被害妄想が膨らみ、損得勘定だけしか出来なくなる。正に迷っている上に酔っぱらっているようなものである。泥酔して堕落し路上で夢を見ているようでもある。忙しそうに走り回るわりには、ボケッとして、大切なことは忘れてしまう。人間とは皆この程度の存在である。
「仏になりたい」と思わなくても、逐電して静かな場所に籠もり、世の中に関わらず放心していれば、仮寝の宿とは言っても、希望はある。「生き様に悩んだり、人からどう見られているか気にしたり、手に職を付ける為に己を研鑽したり、教典を読み込んで論じる事など、面倒だから全て辞めてしまえ」と中国に伝わる『摩訶止観』に書いてある”
徒然草 第七十五段 - 徒然草


共通テーマ:日記・雑感

“電話の声が素敵だね、とか 笑った皺がかわいいね、とか お茶碗の洗い方が丁寧だね、とか、 ほんとにもうなんでも、どんな小さな、ささいなことでもよくて、 「他人」という目線でそのひとの素敵なポイントを見つけて、 言葉にして手渡してあげることだと思っています。 ひたすら相手のいいところを見つけて言葉で肯定し続ける、 その積み重ねは自信になって、その自信はわたしがいなくなっても わたしの大切なひとをつらいことから守る盾になってくれると思っています。”

“電話の声が素敵だね、とか 笑った皺がかわいいね、とか お茶碗の洗い方が丁寧だね、とか、 ほんとにもうなんでも、どんな小さな、ささいなことでもよくて、 「他人」という目線でそのひとの素敵なポイントを見つけて、 言葉にして手渡してあげることだと思っています。 ひたすら相手のいいところを見つけて言葉で肯定し続ける、 その積み重ねは自信になって、その自信はわたしがいなくなっても わたしの大切なひとをつらいことから守る盾になってくれると思っています。”


共通テーマ:日記・雑感

DNAを主体とした世界観

"

世界観と言うほどのものではないが

現代科学を素直に受け止めれば

親からもたらされたDNAが、偶然与えられた時代と地域に、どの程度適応できるのかを、試しているのが人生であり、

それ以上のものは何もない


DNAの性質として、自己複製があるので子孫を残すことは大きな「生きる意義」であるが

また、自分に類似したDNAの複製を補助・支援するというのも立派な「生きる意義」であって

子供を持たない人たちもそのようにしてDNAの複製に積極的にかかわることができる

その時「利他的」といわれる、「好ましい」といわれる性質が生まれる

それはそうなのだが、だからどうというものでもない


DNAも偶然だし、時代も地域も偶然であるから、別段こだわることもない

"


共通テーマ:日記・雑感

歯頚部過敏

"

昔の話、朝に一日分のウーロン茶を入れて、一日かけて飲んで残った分を、冷凍庫で氷にして食べていたことがあった

凍頂ウーロン茶とプーアール茶のブレンドだった

歯頚部過敏になったのでやめた

その後ずっとなかったのだけれども、今年は、ただ紅茶を続けて飲んでいただけで、

歯頚部過敏になった

何十年かぶりのことだ


"


共通テーマ:日記・雑感

「この世界の片隅に」のいろいろな鑑賞の仕方

"

長編アニメ映画「この世界の片隅に」がNHKのゴールデン枠で放送され

一方、映画館ではロングランを続けている


話題になったので調べてみると、ネットにいろいろな、解説がある

すずとかりんとかは元素の名前とか、名前の付け方の秘密

戦争が進行するにつれて生活がどう変化したか、たとえばタンスの取っ手が金属から紐に変わったとか

台所の道具が変化しているとか

妊娠かと思ったがそうではなかったことの表現の仕方とか


原作の漫画があって、そちらではもっと懇切丁寧に表現されている部分もあるらしい

映画版では省略されているが手掛かりだけはあるので

視聴後に「発見」「解説」を報告しあうという楽しみがあるようだ


そのあたりは、友人同士で、またネットの仲間同士で語り合う仕組みになっていて、

現代の情報交流をうまく生かした映画版になっていると思う

適度な分かりにくさで、視聴後にお互いに解説し合う楽しみを作り出したような気がする

未解決のパズルのピースがたくさん

ぼーっとしていると、何が未解決なのかも気が付かない、それを話し合う

そのような鑑賞の仕方も楽しいものだと思う


NHKでは本編放送後に、別枠で、被爆体験を新たに短いアニメ映画にした試みなども放映されていた


ーーー

一見した特徴は、少女漫画系によくある、ぼーっとしていてさえない感じ、理解も乏しい、でも純真で、

次第に成長する少女の像

韓国映画「猟奇的な彼女」みたいな女性も、話としては面白いと思うが、

やや受動的で、反応が遅延するタイプは、定番なのだろう


"


共通テーマ:日記・雑感

玉音放送

"

この夏も、玉音放送何度も聞かされた

耐えがたきを耐え、忍び難きを忍び

の部分だ

耐えがたきを、のあと、微妙に一拍置いて、耐え

と続く部分は、テレビ編集者にとって使いやすいのだろう


耐えた主語は誰かについては、聞く人全員が、自分だと思っているだろう

"


共通テーマ:日記・雑感

“眠気を一発で吹き飛ばす方法をNHKでやっていた。5秒間、腰を1cm上げるのを三回繰り返すのだそうだ。電車の運転手の間で眠気をさます方法として代々伝わっているらしい。ふくらはぎに力を入れて足の血液を脳に押し上げるらしい。今度会議で眠くなったときに試してみよう。”

“眠気を一発で吹き飛ばす方法をNHKでやっていた。5秒間、腰を1cm上げるのを三回繰り返すのだそうだ。電車の運転手の間で眠気をさます方法として代々伝わっているらしい。ふくらはぎに力を入れて足の血液を脳に押し上げるらしい。今度会議で眠くなったときに試してみよう。”


共通テーマ:日記・雑感

海外で暮らす子どもの発達をリモートで支える人

"海外で暮らす子どもの発達をリモートで支える人がいる

2019.08.13


鈴木です。7歳の長男(ポコ)と夫(おとっつあん)と一緒にベトナム北部ハノイで暮らしながら新聞記者をしています。今回は障害をもつ子どもを海外で育てる人たちを、バンコクから応援する女性のお話です。

最近、「リモートワーク」という言葉をよく聞く。職場から離れたところにいながら、パソコンなどを使って連携をとりつつ仕事をすることをいうようだ。インターネットの時代、ベトナムで家族と暮らす私のように海外で生活する人たちが、離れた場所からの「リモート支援」で助けられる例も、いろいろとあるのかもしれない。タイの首都バンコクに住む日本人女性に会って、そんなことを考えた。


その女性はトレハン恭子さん。日本の大学で特別支援、大学院で心理学を学び、都内のインターナショナルスクールで特別支援教員を務めた経験があるほか、保育士や支援教育専門士、家族療法カウンセラーの資格をもっている。英国出身の夫と子どもと一緒に、4年前からバンコクで暮らしている。多くの日本人が住むバンコクで、子どもの発達について情報を交換する会合に参加し、涙を流しながら悩みを話す家族の姿を見て、「何か力になれないだろうか」と思うようになった。昨年9月、「クリスタルチルドレン」という名称でウェブサイトを立ち上げ、メールやチャットで子どもの発達の悩みをもつ家族の無料相談にのっている。


この1年弱で、計37の家族や教職員の相談にのってきた。驚くのは、それがタイ国内に住む日本人からの相談だけではないことだ。フランス、米国、フィリピン、マレーシア、ベトナム、ロシア、メキシコ、インドネシア、ミャンマーの計10カ国におよぶ。


例えばカウンセラー文化が根付いているはずの米国からも相談の連絡はある。なぜわざわざタイまで?と不思議に思うが、「カウンセラーとの面会が2、3カ月待ちということもよくあるそうで、ちゅうちょすることなく連絡をしてくれた」という。カウンセラーがいる日本人学校や、通級クラスがある国に住む保護者からも、「相談しても『発達段階では多かれ少なかれこういうことはありますよ』と言われ、具体的にどうしたらいいのかわからない」などと相談を受けることもあるという。


トレハンさんは、「カウンセラーさんも1人で何百何千のお子さんをみるのは困難ですよね」という。学校に障害のある子どもを支援するしくみがあったとしても、必ずしもそれで完璧というわけではない。


週に4件ほど相談が入る。1回、2時間ほどやりとりをして終わることもあれば、何回かにわたって助言をすることもある。


ある時、「子どもがお友だちをたたいてしまうことがたびたびあり、幼稚園を退園してほしいといわれた。どうすればよいでしょうか」という相談を受けた。トレハンさんは、連絡をくれた母親と父親にメールなどで連絡をとり、それぞれから話を聞くようにしている。家族の状況や、子どもの様子について情報を集め、次に、学校側とも連絡をとり、相談の対象となった子どもをめぐる状況について話を聞く。「学校側が困っている度合いと、ご家族の認識がずれていることも多くあります」とトレハンさん。その後、保護者に学校に行ってもらい、子どもがお友だちをたたいてしまう前後にどんなことが起きているのか、教室で状況を把握してもらうこともある。報告にもとづいてトレハンさんが行動を分析し、さらに具体的な指示を送る。


問題行動がなかったとき、「お子さんをほめてあげてくださいね」というと、「えっ?」と驚く家族も多いという。「ほめ方がわからない」という人には、ほめ方のこつも教えている。問題が起きたときは、「ソーシャルストーリー」をつくってもらい、子どもとやりとりをするよう勧めることもある。「ソーシャルストーリー」とは、問題が起きた場面をイラストに落とし込んだもの。イラストを見ながら、「この子はだれ?」「たたいたら、お友だちはどんな気持ちかな?」「たたくのではなくて、声をかけようね」などと話をし、何がいけないことなのかをわかりやすく伝えていく道具だ。「4コマ漫画のようなものです。うまく描けなければ、ネットでフリー画像を探して使ってもいいんですよ」


トレハンさんは、「学校だけで、特別な配慮のいるお子さんに対応するのは難しい」と考えている。実はトレハンさん自身も、2001年~04年にメキシコの日本人学校幼稚部に勤めたことがある。クラスには自閉症の子どもがいたが、トレハンさんを含め、当時の学校には特別支援の知識をもった保育士や教員がいなかった。担任になったものの、こちらで泣いたかと思うと、あっちの子どもが騒ぐ教室で、支援が必要な子にじっくり寄り添うこともできなかった。自分に特別支援の知識があったら……。その重要性を痛感したことが、日本の大学に戻って、特別支援を学び直したきっかけだった。


だからこそ、学校の外にいる自分たちにもっと頼ってほしい。海外子女教育振興財団が1月に発表した、世界の日本人学校の「特別支援教育の実態」に関する調査によると、特別支援教育コーディネーターやスクールカウンセラーが「どちらもいない」と答えた学校は全体の50.6%。近隣で連携している専門機関や医療機関が「ない」と答えたのは77.4%だった。


トレハンさんは各国の日本人学校や日本大使館、外務省や文科省にも、無料の相談支援をしていることを知らせた。「宗教ですか?」と怪しまれたこともある。でも先日、「教員を助けてもらうこともできますか」と、東南アジアのある国の日本人学校の校長が連絡をくれた。発達障害などをもつ子どもたちにどう接し、どんな指導や家族への支援をすればよいか、学校を訪ねて先生たちに直接話をすることになったのだ。「本当にうれしかった!」


私の場合は、海外に暮らし、子どものおかげで思がけない人と友だちになれたことがたくさんあった。だがトレハンさんが接した、発達に特徴がある子どもをもつ家庭の中には、小さな日本人コミュニティーの中で、居場所を見つけるのに苦労している人もいたという。なんとか支えられないだろうか、近くにいる人も遠くにいる人も。"


共通テーマ:日記・雑感

補助線としての神

例えば神という概念

どの民族にもある点で脳に普遍的である


たくさんの神が存在してもいいが、

次にはそれら多くの神の間の関係が考えられるようになる

結局一神教に向かう

似たような神ならば整理統合するのが良い

全然違う神ならその関係を明確にする必要がある


そのようにして一神教に向かう


倫理の根拠として、また、

罪の概念の根拠として、

神を考えると

それは幾何学で用いる補助線のようなものである。

補助線は説明を明確化して一瞬に理解に導く


ところが補助線は強力であるから

補助線が実体のように感じられてしまう


それが神が実体として感じられることの内実である


共通テーマ:日記・雑感

 iPadやキンドルなどの電子書籍リーダーを使う人が増えている。読書体験はどう変わっていくのか? 過去20年間の研究によると,画面で読むよりも紙のほうが理解しやすく記憶に残る場合が多い。画面だと全文における現在位置を直覚的に把握しにくいのが一因らしい。また,デジタル世代の子供たちも,紙で読んだほうが物語の筋が記憶に残るという研究結果が出ている。デジタル機器は以前に比べると見やすくなったし,紙の本にはない検索機能もある。だが,読み慣れた本ならキーワードを入力するまでもなく,その文章がどこにあったかおよそ見当

 iPadやキンドルなどの電子書籍リーダーを使う人が増えている。読書体験はどう変わっていくのか? 過去20年間の研究によると,画面で読むよりも紙のほうが理解しやすく記憶に残る場合が多い。画面だと全文における現在位置を直覚的に把握しにくいのが一因らしい。また,デジタル世代の子供たちも,紙で読んだほうが物語の筋が記憶に残るという研究結果が出ている。デジタル機器は以前に比べると見やすくなったし,紙の本にはない検索機能もある。だが,読み慣れた本ならキーワードを入力するまでもなく,その文章がどこにあったかおよそ見当がつき,パラパラめくって簡単に探せる。紙の最大の強みは,その「単純さ」にあるようだ。


共通テーマ:日記・雑感

“前に読んだ人間関係の記事で感心したのは 「好き or 好きじゃない」と「対処しやすい or 対処しにくい」の組み合わせで4種類に分類してて、「こちらは苦手でも、対処しやすい人」はストレスが少ない、「逆にこっちは好きでも、対処しにくいor向こうにちょっと引かれてるみたいな場合」は非常にストレスになるので距離を置いたほうがいい、って書いてあったこと。なるほどなあ。去るものを追うのは余計状況悪化するっていうのは、今までの人生を振り返っても納得。切ないけど、そうなんよね。”

“前に読んだ人間関係の記事で感心したのは 「好き or 好きじゃない」と「対処しやすい or 対処しにくい」の組み合わせで4種類に分類してて、「こちらは苦手でも、対処しやすい人」はストレスが少ない、「逆にこっちは好きでも、対処しにくいor向こうにちょっと引かれてるみたいな場合」は非常にストレスになるので距離を置いたほうがいい、って書いてあったこと。なるほどなあ。去るものを追うのは余計状況悪化するっていうのは、今までの人生を振り返っても納得。切ないけど、そうなんよね。”


共通テーマ:日記・雑感

“みんなもっと他人に対する期待値が下がれば幸せになれると思ったりした。”

“みんなもっと他人に対する期待値が下がれば幸せになれると思ったりした。”


共通テーマ:日記・雑感

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。