SSブログ

飲酒と月経前症候群(PMS)のリスク増加の間に関連性があることが示される

月経が始まる2週間~1週間前から月経開始までの間に生ずる過度の食欲、胸の張り、うつ症状やいらいらといった月経前症候群(PMS)とアルコール摂取の間には関連性があるのでは?ということは、かねてからいわれてきました。そこで研究者らが調査を行ったところ、飲酒によりPMSのリスクが45%増加することや、過度の飲酒によりPMSのリスクが79%増加するなど、関連性が認められたと報告しています。

Premenstrual syndrome and alcohol consumption: a systematic review and meta-analysis | BMJ Open
http://bmjopen.bmj.com/content/8/3/e019490

Does Drinking Alcohol Raise the Risk of PMS?
https://www.livescience.com/62391-alcohol-pms.html

月経前症候群は、月経開始の2週間~1週間ほど前から起こり、月経開始とともに終了する精神的・身体的症状のこと。アメリカ国立衛生研究所(NIH)によると気分の変動・胸の張り・食べ物への渇望・疲労・いらいら・うつといった症状が含まれるとのことで、アメリカでは20%~40%の女性がある程度のPMSの症状を経験し、3~8%は深刻なPMSに悩まされているといわれています。

Premenstrual Syndrome | PMS | PMS Symptoms | MedlinePlus
https://medlineplus.gov/premenstrualsyndrome.html

PMSとアルコールの関係はこれまでの研究では不明確だったため、スペインのサンティアゴ・デ・コンポステーラ大学に所属する研究者らはメタアナリシスを実施。過去に行われた19の研究、合計4万7000人にも及ぶ被験者のデータについて分析が行われました。その結果、アルコールの摂取はPMSのリスクを45%上げることに関係しており、過度のアルコール摂取はPMSのリスクを79%上げることに関係していると示されました。「アルコールの摂取はPMSのリスクを上げるかもしれない」と研究者らは述べています。


共通テーマ:日記・雑感