SSブログ

" 脳の血管損傷や梗塞の場合の脳の回復を考えて、精神病の場合にも似たことが起こるとしたら、どうなるだろうかと考えた。 例えば、脳内出血で右片麻痺になったとする。箸が使えない、ペンが使えないなど、生活で実った症状が出る。 その場合、回復としてはふたつが考えられる。 一つは、右腕の機能回復である。 もう一つは、左手で右手の機能を代替することである。 第一は、脳内の旧来の回路を回復させることである。 第二は、脳内で代替の回路を成立させることである。 これを精神の症状について考えてみる。 "

"
脳の血管損傷や梗塞の場合の脳の回復を考えて、精神病の場合にも似たことが起こるとしたら、どうなるだろうかと考えた。
例えば、脳内出血で右片麻痺になったとする。箸が使えない、ペンが使えないなど、生活で実った症状が出る。
その場合、回復としてはふたつが考えられる。
一つは、右腕の機能回復である。
もう一つは、左手で右手の機能を代替することである。
第一は、脳内の旧来の回路を回復させることである。
第二は、脳内で代替の回路を成立させることである。
これを精神の症状について考えてみる。
"



共通テーマ:日記・雑感