SSブログ

人間の耳にある鼓膜は 一枚の膜が動いているだけ

人間の耳にある鼓膜は
一枚の膜が動いているだけ

目の前に4つの楽器があって
そこから音が出ている状況では
鼓膜はいろいろな音の合成されたひとつの波を感じているだけだ

瞬間で言えば周波数いくらの音圧いくらの波ということになる

それを、4つの楽器だとか、倍音がどうとか、
時間の要素を加味して、状況を考慮しながら、脳が再構成しているらしい

指揮者などはどの場所でどの音が鳴っているのかはっきり分かるのだろう
足し算されて届いた音を分解して聞いているらしい

共通テーマ:日記・雑感