SSブログ

文体創造 思考類型検索

現代においては「何を書いているか」はデジタル複製されて
無限に反復されている

「どのように書いているか」は文体の問題であるが
専門家以外はあまり興味を示さない

ーー
「何を考えたか」についてはやはり情報洪水の中にあって
類似のものが反復されている

「どう考えたか」についてもやはり情報過多・インフレーションの中で意味は薄まっているのだが
やはり興味がある

ーー
欲しいものは「魚そのもの」ではなく「魚の釣り方」だ
というような言い方がある

ーー
考える技術とは思考の「文体」の創造である

ーー
思考内容よりも思考文体が伝われば
各自が新しい場面で新しい文体を創造できるだろう
そのようでありたいものだ

ーー
情報検索技術に希望したいのは
発想の類型、思考の類型による検索である